IT勉強ペンギン

もそもそと無職が勉強していきます。

素人がJava SE8 Goldに合格した話

ただいま勉強中の無職、ツタニです。
今回はJava SE8 Goldの話。

 

 

きっかけ

前回受験したSilverが思いの外簡単に合格できてしまって達成感みたいなものがなかったのでGoldも手を出してみようと思った。

スペック

プログラミング&Java歴2,3ヶ月。Silverは勉強して普通に高得点で受かった。

やったこと

スッキリシリーズ実践編

スッキリわかる Java入門 実践編 第2版 (スッキリシリーズ)

スッキリわかる Java入門 実践編 第2版 (スッキリシリーズ)

Silverを勉強していたときからの続きで読む。
入門編→Silver は範囲がかなりぴったり一致していたけど、実践編→Goldは必ずしもそうではない部分が多かった。例えば、ストリームAPIなんてJava SE8 Goldではかなり重要なトピックだけど、この本ではforEach()メソッドが軽く触れられているだけ。それでもわかりやすい部分は多く、この本で知った知識は後々役に立つ。

青本

オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Gold SE 8 (EXAMPRESS)

オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Gold SE 8 (EXAMPRESS)

Goldのテキストになりそうなものを本屋で探したところ、どうやら選択肢はこれしかなかったみたい。一日1章ずつじっくり読んで、章末の練習問題、と進めていく。
個人的に山場は5章と9章と10章かな。SQLとかわからないので気にしていた11章JDBCはそこまでは難しくなかった。

5章 ストリームAPI

スッキリで学んだことの何倍も覚えることがあって、かなり多いな―…という印象。
少しやめようかと思ったけど、なんとか踏みとどまる。

9章 NIO2


頑張ってじっくり読んで練習問題!といつもの感じで進めると1/12だった……。
引っ掛けも多くてややこしい。

10章 スレッドと並列処理


1日1章で頑張ってきたけど10章だけは無理でした。量が多くムズカシイし覚えることも多い。

黒本

徹底攻略 Java SE 8 Gold 問題集[1Z0-809]対応

徹底攻略 Java SE 8 Gold 問題集[1Z0-809]対応

Silverではかなり良かった黒本を今回も購入。単元ごとの章は長いコードが登場せず、単純に語句やメソッド名をシンプルに聞くような設問が多かったので、少しぬるめ。黒本のほうが章末問題も簡単かも?
なので、青本の各章を1日1章やっていきつつ、黒本で対応するところも同時並行でとくのが一番効率がいいかもしれない。

本番

Silverのときは1時間くらい余って余裕だったんだけど、今回は時間ギリギリで見直しの時間がもう少し欲しかったくらい。ソースコードが長いのと結構迷っちゃったからかな?ペースは考えながら受けたほうが良さそう。

結果

合格ラインが65%のところ、76%で合格。

感想

受かったけどしんどかった……。
3回くらい諦めそうになりました。本番のほうが難しかったと書いてあるブログも結構あるみたいですが自分的には同じくらいかな?と感じた。数問は見たことないメソッドがあったけど。
Java初心者でもじっくりやればGoldもなんとかなるもんですよ!だって65%でいいんだもん!

ド素人がCCNAになんとか合格した話

f:id:yu_ri51:20170626162017p:plain

 

ただいま勉強中の無職、ツタニです。ITで仕事したい!と決めていて色々と勉強中です。先月にCCNAを受験した時の話をします。

 

目的

無職なりに求人案件などを見ていて、会社の研修などでCCNAを1ヶ月でとる!みたいなことがあることを知って、じゃあ自分も取ってみようかな、独学で。と思ったのがきっかけ

 

スペック

ネットワークのことはほとんど知らなかった。プロ

トコル?なにそれ

 

やったこと(1回目)

①1週間で CCNAの基礎が学べる本

1週間で CCNAの基礎が学べる本 第2版 (徹底攻略)

1週間で CCNAの基礎が学べる本 第2版 (徹底攻略)

1日1時間ちょいくらい×7日間。読みやすい。だいたいどういったことを勉強するのかはわかるけど、そこまで詳しくは書かれていないから簡単。後に、この本での勉強は試験範囲の30%とかそれくらいしかカバーできていないことを知る。本当に基礎固めといった感じ。

 

CCNAイージス

webサイト「ネットワークエンジニアとして」さんのCCNAイージスにお世話になりました。CCNA教科書(黒本)も考えたのですが2冊に分かれていてなお、あの分厚さ……。どうも手が伸びなかった。でもCCNAイージスでも16章×2に分かれていて量が多いので結局は一緒だったのかもしれない。

書籍ではないけれど、イージスはよく使えるサイトでした。読んで自分なりにまとめて復習して……の繰り返し。終盤に行くに連れて複雑でムズカシイ。細かい設定方法などは結構雑でいいからガンガン進むと思う。もし雑にしたところが問題ででてきたらイージスに戻ってくるなどした。

 

Ping-t

イージスが80%くらいおわったころからPing-tをはじめる。もっと早い段階で始めていたほうが良かったと思う。単元別に分けて出題することが可能なので、イージスなり、黒本教科書を読むなりしつつ、その範囲の問題をPing-tで復習するのが一番効率の良い勉強法かもしれません。間違えた問題は二度と間違えないように、しっかり復習。

使いやすいサイトではありました。問題数も1300問以上。問題集以外のサービスも便利。自分で仮想環境つくったり、機器を購入したりせずに簡易シミュレータでシミュレーション問題のトレーニングが出来る。(充実しているというわけではないが、イメージは湧く)コマ問も便利で覚えやすい。(すこしspaceキーが入っただけで✕になったりはするけど)

 

結果(1回目)

1300問もやったし、コマンドも大体覚えた。Ping-tだけで受かったという話もよく見かけるし、なんとかなるやろ。の強気の受験。時間に意識を払いつつ、ケアレスミスにも注意して受けたところ……。

810点が合格ラインのところ、800点……。

シミュレーション問題でやられた感じもあるけど、日本語的に何言ってるかわからない問題、全く聞いたことのない用語が出てきて??な問題もあった。

サヨウナラヨンマンエン……

 

やったこと(2回目)

1回目failになってそのまま本屋へ。どれでもよかったんだけど分厚い赤本を購入。

これを5日間頑張る。(5日間は再受験できない)あれ?これ本番で見たよな?という問題もちょこちょこあった。シュミレーション問題も。これやってたら受かってたじゃん……。ひたすら解いて完璧にした。

 

結果(2回目)

もう4万円は捨てれないぞ!という強い思いで受験。

序盤のシュミレーション問題が、設定をする必要がある問題だったんだけど、自分が設定し終わって確認していたときにうまくいかず何かがおかしい……となって、show runして調べたら設定をミスしていた!やばい!事故った!!嫌な汗をたくさんかきつつめっちゃ焦った。落ち着いて設定を消して再設定(設定を消す方法を覚えていてよかった…)。

前回と同じで合格ラインは810点のところ……839点で合格。

 

本番

テストセンターは初めての利用だったけど、色々ブログや合格体験記などを調べていったので特に問題はなし。時間が足りなかったという話を結構見たけど僕は1回目も、事故があった2回目も時間は余裕だったな。

時間が苦しいのは、テストのルールとして一度終えた問題はもう戻って変更することが出来ないからなんだろうな。赤本などで酷似している問題は自信を持って瞬殺することができるし、そこまで急がなくても時間は大丈夫だと思う。

 

感想

無職で時間が自由に使えたからですが、なんとか1ヶ月以内で合格することができました。1ヶ月しっかり勉強したら誰でもとれると思うのですが、範囲も広く、難しく、しっかり勉強していっても聞いたことのない単語が出てくるので、結構苦しい1ヶ月でした。

年々難しくなっているようですが、本当に難しかった。Ping-tでシュミレーション問題の対策はできるけど、実際にどんな感じの問題が出るのかということはほとんどよくわからないので、他の問題集も合わせて取り組んだほうが安心かもしれませんね。合格後、本屋でなんとなくCCNAの問題集をみていたら、市販の問題集のほぼ全てで本番に似ているシミュレーション問題があったようなので、どれでもいいのかもしれません。これから受験する方は、4万円を大事にしてください。Ping-t+αで市販の問題集1冊がおすすめですよ!4万円に比べりゃ安い安い!

 

アドバイス

最後に超具体的なアドバイス。1回目の受験前にこのことが頭にあれば俺はよんまんえんをうしなわなかった……。

 

「コマンド大体覚えたし大丈夫やろ。なんとかなるって。」と思ってるアナタ!OSPFのhello/deadの間隔はどうやって確認するんだ?ちゃんと覚えとけ!あとはNATとかACLとかの設定系はしっかりやっとけ!それ以外のコマンドは資格取得については結構適当でいいかもしれん

 

 

 

ド素人がOracle Java Silverに普通に合格した話

f:id:yu_ri51:20170626161533j:plain

ただいま勉強中の無職、ツタニです。ITで仕事したい!と決めていて色々と勉強中です。今回はJava SE8 Silver受験の話。

 

目的

就職活動するときに全くの未経験では苦しい……そんなときに役立つものの一つが資格(多分)。いいじゃん受けよう!
資格がほしいって言うよりはJavaの知識を身につけられそう。
再受験無料キャンペーンをしている期間もあるらしいですが、「1回で受かればいっしょやろ」と思ってすぐさま受験。

 

スペック

全くの初心者。あーそうか……プログラミング始めようかな。仕事にできるかな。やってみよ。と思ったのが二ヶ月くらい前。

 

やったこと

プログラミング始めようと思って買った1冊目がこちら。

ゼロからわかる Java超入門 [改訂新版]

ゼロからわかる Java超入門 [改訂新版]

基本の基本の勉強はこれで学習。本屋さんで一番簡単そうな本を買ってきた。まずまず理解できたけど……序盤でクラスとかインスタンスの説明もしていない状態でjavadocつかったり、最終章わずか20ページで引数、Scannerクラス、import、FileReader、new、例外処理と超スピードで進んだりしたので終盤はお手上げ……。

 

その後に読んだ本がこれ

スッキリわかるJava入門 第2版 (スッキリシリーズ)

スッキリわかるJava入門 第2版 (スッキリシリーズ)

ネットの色んな所でこの本の絶賛を見ますが本当にその通りでむちゃくちゃわかりやすい。そして感動を覚えるくらい面白く感じてくる……!

序盤40%くらいは1冊目でほぼマスターしてたのでザーッと呼んで後半はじっくり。読んでコード打ち込んでみて、また読んで……。

読み終わったら問題集を解きつつ、同じくスッキリシリーズの実践編へ。Silverのテスト範囲は実践編の半分入らないくらいかな?

 まだまだ勉強中なので偉そうに言えないけど、「読む→サンプルコードを写経しながらどういうプロセスで処理が行われているのかを理解→練習問題→復習」という感じで自分は勉強しました。

 

Silverの問題集の前に1冊、Bronzeの教科書をとく

オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Bronze SE 7/8

オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Bronze SE 7/8

SilverとBronzeはあまり難易度が変わらなくて、Bronzeのも使ってみるといいという記事をどこかで見て、解いてみる。1周したところ概ね6,7割位の出来だった。スッキリシリーズ読んでたからテキストとしては殆ど使わなかった。ステップ踏んでいくにはいいけど別にやらなくても良かったかも?

 

メインで使った問題集はいわゆる黒本。

徹底攻略 Java SE 8 Silver 問題集[1Z0-808]対応

徹底攻略 Java SE 8 Silver 問題集[1Z0-808]対応

スッキリシリーズのおかげもあって、初見でも6,7割位解けてました。そしてSilverとか言ってる割にこれは簡単なんじゃないの?と思う。

それでも念のため問題集を二周し、間違えた問題は3周、4周して本番へ。

 

結果

合格ラインが65%のところ、94%で合格。

 

感想

ぬるかったな。というのが正直な感想。

先月CCNAというネットワーク系の資格を勉強していたからか、(CCNA受験についてはこちら)それと比べたらかなり簡単。本番で見たことがない問題もなかった。Silver取れて嬉しいし資格はもう満足とするつもりだったんだけど目標達成した!という感じがしない……。

……次は、ゴールドを目指そうか…いちおう。まだまだ先かもしれないけど。

 

最後にSilver取得のためのアドバイス
 

 

初心者でも、問題集を解いてみて「65%で合格……?これいけそうじゃね?」

って思った人は完璧にしすぎずにじゃんじゃん受けてみるといいと思うよ!